「悪意ある投資家」 米、イスラエルへの中国進出に警戒 首相との会談でも協議 [きつねうどん★]【投資】|まとめのお仕事

1 :くりぷとまとめ人 2020/08/25(火) 20:59:19.87 CAP_USER.net

24日、エルサレムで記者会見場に着いたポンペオ米国務長官(左)とイスラエルのネタニヤフ首相(ロイター)

 【カイロ=佐藤貴生】ポンペオ米国務長官は24日、訪問先のイスラエルでネタニヤフ首相と会談した際、中国の脅威についても協議したと明らかにした。イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)の国交正常化合意が議題の中心だが、中国は官民一体でイスラエルのインフラ整備などに進出。機密情報への接近を図っているとしてトランプ米政権が懸念を強めているためだ。

 ポンペオ氏は24日、ネタニヤフ氏との共同記者会見で「中国共産党が世界全体に与える脅威について少し話し合った」と述べた。米国務省は先立ち、両氏の会談では「悪意ある投資家」から米国とイスラエルの経済を守ることも協議すると発表。中国を念頭に置いた表現とみられていた。

 イスラエル有力紙ハーレツ(電子版)などによると、中国は近年、イスラエルへの進出を活発化。北部ハイファでは25年に及ぶ港湾の運営・管理事業を中国政府系の上海企業が受注した。同じ港には米海軍第6艦隊が停泊しており、米上院は昨年、イスラエルを批判していた。

 西部の商都テルアビブ近郊の海水淡水化施設の建設事業でも、空軍基地や核技術の研究拠点が近くにあるため、米側は中国の管理下に置かれることに繰り返し反対を表明。ポンペオ氏が5月にイスラエルを訪問した後、事業は中国系企業を退け国内企業が受注した。

 しかし、中国は鉄道やトンネルなどの建設にも参入しており、米側はイスラエルに「機密情報の共有レベルを下げる」「中国が港湾建設にかかわる国とは友人になれない」などと警告してきたという。

 パレスチナ問題を抱えるイスラエルに厳しい態度を取りがちな欧州に対し、中国は内政不干渉の立場を取り、価格面でも優位に立つ。これが両国を接近させた一因とも指摘される。

 一方、イスラエルとUAEの国交正常化合意発表の翌日の14日には、ロイター通信が米高官の話として、米・イスラエル間で中国の第5世代(5G)移動通信システムを排除する覚書が近く締結されると伝えた。高官は「イスラエルは信頼がおける業者だけを選定するだろう」と語った。

https://www.sankei.com/world/news/200825/wor2008250031-n1.html

2 :くりぷとまとめ人 2020/08/25(火) 21:01:12.98 M54IiCcQ.net
その中国よりも信頼もない世界の嫌われ者のイスラエルがな、、。
3 :くりぷとまとめ人 2020/08/25(火) 21:05:25.04 p2xhbrJx.net
ユダヤと共産主義の繋がりはソ連の時代から蜜月関係
4 :くりぷとまとめ人 2020/08/25(火) 21:14:03 BNpS40IF.net
「やりがいとか、何難しいこと言ってんだよ!」西川貴教にキャリアを相談したら最強に励まされた
http://aspoiz.rissmann.org/dv/38o5wvdp57/3q46tznftk6.html

Googleの社員食堂に感じた、格差社会のリアル。

http://aspoiz.rissmann.org/ht/cm262221m/6w1n28uhwnj.html

5 :くりぷとまとめ人 2020/08/25(火) 21:17:48 78K7QWMd.net
十 nとはイったいナんなのか

大きな戦争を起こして、多くの人々を、殺して傷つけたnという国が、大きな戦争に負けて、後に西と東の2つ分断された。
そして、東の国の人たちと政府は、そうしなかったが、西の国では、最初に大きな戦争を起こした人たちと、戦争を指揮したり、戦争に行った人たちはもちろん、戦争を支持した人たち全員を、西の国の政府と、遠くの国の政府と人々が、攻撃したとき、西の国の人たちは多くがそうしたし、国を挙げてやった。
自分は当時生まれてなかったが、自分がその西の国に移住したときは、自分は子どもで、西の国の人たちと仲良くなろうとしたし、みんなそうしていたので、自分もそうした。
時は流れ、大きな戦争を起こした人たちの末裔や、その大きな戦争に行った人たちの末裔まで、西の国の政府と、遠くの大国の政府と人々が攻撃したとき、西の国の人たちは多くがそうしたし、国を挙げてやった。
自分は、西の国が、大きな戦争を起こした時に、一緒に戦争をした、同盟国の移民であり、自分の叔父は元憲兵だったし、曾祖父は元将軍だったが、曾祖父は死んでいた、叔父は大嫌いだったので、親族の中には不安を覚えた者はいたが、自分は西の国が大好きだったし、不思議には思ったが、怖くはなかったので、一緒に攻撃した。
長い年月が経ち、自分も年を取り、西の国が統一した時、東の国の人たちと、西の国と、東の国が勝手に属国にしていて、その国の中で、もめ事が多い、※ファシリアール共和国の人たちと、※ワイマールクセン共和国の人たちを、西の国の政府と、遠くの大国の政府と人々が攻撃したとき、西の国の人たちは多くが疑問を感じたし、統一を後悔するものもいたが、国を挙げてやった。
自分も疑問に感じたし、統一を後悔したし、ファシリアール共和国と、ワイマールクセン共和国は嫌いじゃなかったが、西の国とは違い、東の国は大嫌いだったので、どうでもよかったこともあり、一緒に攻撃した。
そして、晩年、統一されたその国と、その統一された国と大きな戦争を起こした時の同盟国の移民を、統一した国の政府と、遠くの大国の政府と、人々が攻撃したときには、自分を含め多くの人が後悔したが、すでに遅かった。
最後に自分が言い残したことは「どうかjと発音してください」ということだった。

6 :くりぷとまとめ人 2020/08/25(火) 21:18:07 78K7QWMd.net
>>5

※ファシリアール共和国。かつて西と東に分断されていた、ある国の西に属し、南部にあるb州とされていて、独立主張が強い地域。
b州×
ファシリアール共和国〇

※ワイマールクセン共和国。かつて西と東に分断されていた、ある国のかつては東に属し、南東部にあるs州とされていて、独立主張の強い地域。
s州×
ワイマールクセン共和国〇

追伸・この物語の主人公「自分」のモデルは実在します。
もちろん、俺はこの人を良く知っています。
この人は、5ちゃん(旧2ちゃん)や、いろんなブログにも、書き込んでいます。
もしかしたら、今日も、5ちゃん(旧2ちゃん)を閲覧して、何か書き込んでるかもしれませんね。

7 :くりぷとまとめ人 2020/08/25(火) 21:18:35 78K7QWMd.net
https://nico.ms/sm10953011
https://nico.ms/sm8983831
↑事実上ナチスの残虐な暴政の犠牲者であり、被害者である、ヒトラーユーゲントと国民突撃隊、第二世界時のドイツの一般市民、挙句の果てには罪の無いナチスの末裔たちまで、
テロリスト扱いする奴こそが真のテロリストであり、イスラエルこそが真のテロ国家。
そもそも、イスラエルの公務員は全員テロリスト。
8 :くりぷとまとめ人 2020/08/25(火) 21:22:21.13 e+BEWXyf.net
家事育児を「やっているつもり」の旦那へ見せた執念の分担図
http://bbylive.ddo.jp/1598141940

シェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です